「 未分類 」一覧

橋本病を患っている方におすすめしたいサプリメントとは

橋本病の症状を簡単に言うと体力の低下や低体温、息切れ、頭が働きが鈍くなる傾向が見られます。
他にも疲れやすくなる、無気力になる、眠たくなると普通の人からは「甘え」という風に捉えられかねず、周りの方からは理解されにくく、心理面でも辛く感じる疾患です。

橋本病の原因は甲状腺の機能が低下し、甲状腺ホルモンの量がたりなくなる事による免疫力の低下です。

免疫力を上げるためにはどうすればいい?

一番おすすめなのは病院で甲状腺ホルモンを処方してもらうこと。

しかし病院に行くのは抵抗があるって方、結構いらっしゃると思います。家族が心配するのではないか、どれくらいお金がかかるのか、副作用があるのではないか・・・

できれば病院にかからず、薬に頼らずにすむならそうしてしまいたい。そう思っている方もいらっしゃるとおもいます。そんな時は、まず免疫力を上げる成分が含まれるサプリメントを試して見ましょう。

免疫力を上げる成分がたくさん含まれるサプリメントとは?

それはカイセイ堂の販売する萬能貴蕈です。
↓下の画像クリックで販売サイトに移動できます。


萬能貴蕈には免疫力を上げる成分としてよく知られている、βグルカンを多く含む素材を厳選して抽出しています。

β1,3-グルカン(β-glucan、べーた-)とは、グルコースがβ1-3型の結合で連なった多糖である。植物や菌類、細菌など自然界に広く分布するが、アガリクスやメシマコブ、霊芝などのβグルカンは強い免疫賦活作用、制癌作用を持つとして特に注目が集まっている。
wikipediaより引用

βグルカンは人体では作り出すことが出来ず、食べ物から摂取しなくてはなりません。

βグルカンが含まれる漢方薬の代表として霊芝というキノコがありますが、その霊芝の中でも10万本に1本しか発生しない希少な鹿角霊芝を萬能貴蕈では使用しています

しかもただ鹿角霊芝を大量に使っているだけではなく、希少な鹿角霊芝の素材の良さを活かすため、1滴1滴ぎゅっと液体に濃縮しているのが特徴です。
鹿角霊芝の素材の良さを引き出すことは非常に難しく、普通に濃縮することは成分を破壊してしまうためノウハウが必要です。明治時代から120年の歴史あるカイセイ堂だからこそできた実感力ある製品なのです。

私は2年前に初めて萬能貴蕈を知り、それ以来ずっとお世話になっています。

その時の体験談をまとめてみましたので、是非参考にして頂ければと思います。



自律神経失調症が辛い人へ

毎朝起き上がるのが辛い、吐き気が強く毎日の食事が苦痛、体調が悪く暖房をつけても真夏でも異常な寒気を感じる。。。
これらは自律神経失調症になった時に、現れる典型的な症状と言われています。
この状態を放置しておくと更に悪化し、普段日常的にできていた掃除、洗濯、料理をすることも辛くなってしまうことも。そうなる前に状況を改善したいですよね。

そもそもなぜ自律神経失調症が起こるのでしょうか?

原因となるものは環境の変化や加齢による女性ホルモンの変化、生活のリズムの変化など様々ですが、一番大きいのは過剰なストレスと言われています。

ストレスは人によって感じ方が違います。

例えば、お隣さんと些細な事で険悪になったとしたら、人によっては全く気にならない人もいれば隣に嫌な人が住んでいるというだけでストレスになる人もいますよね。

このように人によってストレスの感じ方は違うため、人に相談しても共感してもらえず、自分が弱いからいけないんだ、自分が悪いんだとさらに自らを追い込んでしまうことがあります。

自律神経失調症かな?と思ったら病院へ

インターネットでは様々な対策方法が紹介されていますが、本当に辛い時は病院でお医者様に相談することが大切です。すべての病気に当てはまることですが、早期発見、早期治療により症状の悪化を防ぐことができ、お医者様に診てもらうことでストレス以外の原因が判明することがあります。

では病院といってもどこに行けばいいのでしょうか?

一般的に心のストレスは心療内科と言われていますが、軽い頭痛、吐き気であれば耳鼻科や内科で見てもらいましょう。その後薬をもらいじっくり休むことで軽減することもあります。
それでもつらい症状が治らない場合、心療内科に行くことをおすすめします。

でも病院に行きたくない、そんな時は

海外ではあまり見られないのですが、実は日本人は病院に行きたがらない傾向があると言われています。その理由としてあげられるのは、

・病院に行くということは一線を超えてしまう気がする。自分が病気であると認めたくない。
・まだ我慢できる。これくらいならなんとかなる。
・病院に行くと家族に余計な心配を掛けてしまう。
・それくらいで病院に行くな、と言われたくない。

といった心理的な抵抗があるからです。
特に自律神経失調症は目立った症状が表に現れにくいため、ついつい我慢してしまう人が多いと言われています。
できれば病院に行かないで済む方法はないだろうか。。。そう思っているならサプリメントに頼ってしまうのも対策として考えられます。

萬能貴蕈で本来の健康的なバランスを取り戻しましょう

自律神経失調症で辛い、そんなあなたの健康バランスを取り戻すためには下記3成分が有効であると考えられています。

・β-グルカン(ベータグルカン)
・サポニン
・ジンセノイド

萬能貴蕈はそれら成分を含む鹿角霊芝、高麗人参、紅参がぎゅっと濃縮されており、あなたの身体のバランスをベストな状態に持っていき、アナタの健康をサポートしてくれます。
病院に行くのにちょっと抵抗あるな・・・と思ったらまずはサプリメントに頼ってみませんか?

↓↓↓公式販売サイトはこちら↓↓↓


免疫力はなぜ落ちてしまうのか?低下する原因と対処法は?

免疫力とはウイルスや細菌など、外的要因が体内に侵入した際、それらを追い出すための機能です。花粉症のくしゃみや鼻水、怪我をした時の炎症も、実はそうした免疫反応によるものです。

 

つまり免疫力が高いと病気になりづらく、逆に免疫力が低下していると病気をもらいやすくなったり、症状が早く進行してしまうこともあります。免疫力を高めることは、風邪などの身近な病気だけではなく、がんなどの重大な疾患を予防するためにも重要です。特に小さなお子さんやお年寄り、妊婦さんは抵抗力が弱まっているため、免疫力を積極的に高めて自己防衛をすることが大切です。

 

こちらでは免疫力が落ちている時の症状や、免疫力をアップさせる生活習慣についてご紹介しています。ウイルス性の病気が流行る前に、ぜひ体の調子を整えて免疫力を高めておきましょう。

 

 

免疫力が低下するとどうなる?症状のセルフチェック

免疫力が低下するとどのような症状が現れるのでしょうか?大きな病気を患ってしまう前に、いち早く免疫力の低下を察知しましょう。

 

肌荒れ

免疫力が低下しているとチリやホコリなどの外的要因によって炎症が生じやすくなり、肌荒れを起こしてしまうことがあります。また、体の新陳代謝が低下しているので皮膚の生まれ変わりが上手く行われず、古い角質がいつまでも堆積してしまいます。これにより様々な肌トラブルが生じ、同時にそれらの炎症が治りにくいのも特徴です。

 

口内炎

口内炎やヘルペスも免疫力が低下しているサインです。

口内は細菌の温床となるため、免疫力が低下していると少しの傷からあっという間に炎症が生じてしまいます。

 

疲れが取れにくい

免疫力が低下していると疲れがなかなか取れず、休日も寝てばかりいるようになります。忙しい日々を送っていると見逃しがちな症状ですが、免疫力の低下に栄養不足や睡眠不足が加わると、さらに症状が悪化してしまいます。「最近疲れが取れにくい」と思ったら、早めに休養を取り、体力を回復させることが重要です。

 

傷や病気の治りが遅い

自然治癒力が低下することで、傷の治りが遅くなったり、跡が残りやすくなることもあります。また、ちょっとした病気も症状が長引きやすく、それまでよりも回復が遅くなります。

 

風邪を引きやすい

風邪は最も罹りやすいウイルス性疾患の1つです。免疫力が弱まっていると、職場や外出先など様々なところでウイルスをもらってきてしまい、頻繁に風邪の症状が現れることがあります。

 

便秘または下痢

便秘や下痢といった腸に関する症状が現れることもあります。

これらの症状は単なる食あたりや冷えと捉えられがちですが、慢性化している場合は一度他にも症状がないかどうか振り返ってみましょう。

 

 

免疫力低下の原因とは?

免疫力には個人差が大きくありますが、一体どのようなことが原因で低下してしまうのでしょうか?

 

加齢

免疫力や体力は20歳前後をピークに低下の一途をたどります。

これは老化現象の1つで、誰にでも訪れるごく自然なものです。若い頃は病気になっても数日大人しくしていればすぐに回復したのに、年齢を重ねてからはすっかり病気が治りにくくなったというのも、この加齢による免疫力低下が原因です。

20歳前後の免疫力を100%とすると、40歳でおよそ50%、70歳では10%にまで低下するとされています。実際に年齢を重ねると様々な病気を発症する方が多く、お年寄りはちょっとした風邪でもすっかり弱ってしまったり、さらに大きな病気に繋がってしまうこともあります。

 

食生活の乱れ

バランスの取れた食事は、免疫力を高めるための基盤となります。

反対に偏った食事や加工食品ばかりの生活を送っていると、免疫力がどんどん低下してしまうのです。若いうちは元々の免疫力が高いのでそれでも病気になりにくいかも知れませんが、年齢が加わると格段に免疫力が低下してしまいます。

そのような生活を送っていてもすぐさま症状が現れるわけではありませんが、逆に病気を機に食生活を正しても、すぐに症状が回復するわけではありません。食生活は積み重ねが大切なので、実際に病気になる前に、早めの段階で見直してみましょう。

 

体温の低下

体温の低下はそのまま免疫力の低下を招きます。

体温が下がると免疫を司る白血球の働きが弱くなり、逆に体温が上昇すれば白血球の働きを強めることができるのです。寒い季節に病気になりやすいのは、このように体温が低下しやすいのも原因の1つです。

 

寒い季節以外にも、電車やオフィスなど、冷房の調節が難しい場所では体が冷えやすくなってしまいます。また、そういった場所は得てして人口密度が高く、ウイルスをもらいやすいので注意が必要です。

 

ストレス

ストレスは精神だけではなく肉体にも様々な影響を及ぼします。その1つが免疫力の低下です。実際にストレスを溜めこむと病気になりやすく、さらに精神が摩耗し悪循環に陥ってしまうこともあります。

 

 

免疫力をアップさせるにはどうすれば良い?

前述のように、免疫力は年齢だけではなく、その人の生活習慣によっても差が生じます。免疫力を高めるためには、健康的な生活を送ることが何よりも重要です。ぜひ下記を参考に、ご自分の生活習慣を見直してみて下さい。

 

体を温める

前述の通り体温の低下は免疫力の低下に繋がります。

特に女性は冷え性の方が多いので、意識して「冷え対策」を行うことが大切です。

 

冬場はもちろん、夏場も体を冷やしすぎないような工夫をしましょう。

暑い日にはついついクーラーをガンガンにつけ、冷たい飲み物や食べ物をたくさん摂りたくなりますが、免疫力を低下させないためには体温をあまり下げないことが重要です。クーラーの設定温度はできるだけ高くし、飲み物も普段は常温のものがおすすめです。

 

 

運動習慣を身に付ける

運動不足は体力の低下、ひいては免疫力の低下を招いてしまいます。

これまで運動習慣がなかった方は、散歩など軽い運動でもかまいませんので、できる範囲ではじめていきましょう。また、これを機に今まで興味があったスポーツにチャレンジするのもおすすめです。本格的に体を動かす場合は、いきなり張り切って体を壊してしまわないよう、無理のないペースを維持しましょう。

 

良質な睡眠を維持する

免疫力を高めるためには日々の疲れをしっかりと取ることが大切です。

毎日の睡眠は時間だけではなく、眠りの質にもこだわるようにしましょう。深く眠りにつけるよう、日中はできるだけ活動的に過ごしたり、寝る前は湯船にゆったりと浸かって体を温めるのがおすすめです。

 

栄養バランスの優れた食事を取る

私たちの体が正常に機能するためには、様々な栄養素を過不足なく摂取する必要があります。栄養バランスに優れた食事は、免疫力の基盤となるのです。

加えて免疫力や体力を高めるような栄養を摂取できればベストですが、毎日のようにそういった食事を用意するのは難しいものです。そんな時はサプリメントに頼るのもおすすめです。下記ページでサプリメントを実際に購入した方の体験談が掲載されていますので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。


橋本病ってどんな病気?甲状腺の病気と治療法について

「橋本病」はよく知られている病名なので、聞き覚えのある方も多いかも知れません。

とはいえ風邪やインフルエンザなどとは異なり、あまり身近な病気ではないのでその症状や原因まで知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

しかし、橋本病のような甲状腺疾患はどなたでも患う可能性のあり、日常生活に支障をきたしてしまう場合もある恐ろしい病気です。

そこでこちらでは橋本病をはじめとした甲状腺の病気について、その症状や治療方法を解説していきたいと思います。

 

 

橋本病とは?

橋本病は、のどにある「甲状腺」と呼ばれる部位が慢性的に炎症を起こす疾患です。

通常であれば、こうした炎症は細菌やウイルスが体内に侵入した時の免疫反応の1つです。怪我をした時に傷口が腫れたり、風邪を引いた時に喉が痛むのと同じですね。しかし、橋本病はその免疫系統に異常が生じ、体に異物が入ったわけでもないのに炎症が起こってしまいます。

 

こうした症状は「自己免疫疾患」と呼ばれるもの。

ウイルスや細菌ではなく、自分自身の細胞やタンパク質を「異物」と認識して攻撃をはじめてしまいます。本来人に備わっている免疫システムは体外から侵入した異物を排除するためのものですが、自己免疫疾患では害がないはずの細胞まで敵とみなしてしまうのです。

 

つまり橋本病は、甲状腺の細胞を異物と認識して攻撃してしまう疾患です。結果ウイルスや細菌が侵入したわけでもないのに、甲状腺に慢性的な炎症が生じてしまいます。すると徐々に甲状腺の細胞が傷つけられ、甲状腺の機能そのものが低下する場合もあります。

 

甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌し、全身の代謝を正常に保つ働きがあります。

この働きがにぶると太りやすくなったり、体の新陳代謝が低下してエネルギーを効率的に消費するのが難しくなってしまいます。その結果少しの運動でも疲れやすくなったり、活動的に過ごすのが難しくなり生活に支障をきたしてしまうこともあるのです。

 

 

甲状腺の病気とその症状

甲状腺の病気は橋本病の他にも、同じく炎症の生じる「バセドウ病」がよく知られています。

甲状腺の病気は症状が現れづらく認知度も低いため、気づくのが遅れたり、他の疾患と間違ったりと、病院の受診が遅れてしまうこともあります。もしも下記の症状に当てはまるようであれば、はやめに病院を受診しましょう。甲状腺の病気は女性に現れやすいので、女性は特に注意が必要です。甲状腺に違和感がある場合は、耳鼻科や代謝内分泌内科が適しています。

 

甲状腺疾患の種類

橋本病は甲状腺ホルモンの分泌が抑制される病気ですが、反対にバセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰分泌される病気です。バセドウ病のような症状を「甲状腺機能充進症」と呼び、他に機能性腫瘍、TSH産生腫瘍といった病名があります。

また、橋本病のように甲状腺に炎症が生じる病気を「甲状腺炎」と呼び、甲状腺に腫瘍ができる病状を「甲状腺腫瘍」と呼びます。甲状腺腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、悪性と認められた場合には早期の治療が必要となります。

 

甲状腺疾患の症状

甲状腺の病気は、いずれも発症すると似たような症状が見られます。

こうした病状は生活習慣病や更年期障害など別の病気にも現れやすいので見逃しがちですが、血液検査で甲状腺ホルモンの分泌量を計れば病気を推定することができます。自己判断は非常に難しいため、心配な場合は定期的に甲状腺の検査をすると良いでしょう。

 

・食事内容は変わらないのに太ってきた

・顔や身体がむくみやすくなった

・首の前面、男性でいえば喉仏にあたる部分が腫れている

・安静時にも関わらず動機がする

・手指がふるえる

・肌が乾燥しやすくなった

・眼球が突出してきた

・日中も眠気が酷い

・首にしこりがある

・汗をかきやすくなった、または、まったくかかなくなった

・月経が不規則になった

 

 

甲状腺の病気を予防・改善するには?

甲状腺疾患は遺伝的な要因が強いとされているものもありますが、同時に日々の生活習慣やストレスが原因となることもあります。甲状腺の症状を改善し、病気を予防するためにも下記の習慣に注意しましょう。

 

ストレスを溜めこまない

甲状腺疾患の原因の1つとして、ストレスがあげられます。

過度なストレスは精神だけではなく身体にも影響を及ぼしますが、ホルモン分泌を司る甲状腺はそうした影響を受けやすい部位です。また、ストレスを溜めこむと体内では活性酸素という、体を酸化させ錆びつかせる物質が分泌されます。これにより甲状腺だけではなく体の様々な部位に影響が生じるため、日々ストレスを発散するような工夫を施すことが大切です。

 

何がストレス発散になるかは人によって異なります。ある人は友達とおしゃべりすることでストレスが解消されますが、また別のある人は1人で本を読んでいる方がストレスが解消されるということもあります。趣味に打ち込む、体を動かす、旅行をするなど、なんでも良いので自分だけのストレス発散法を見つけられると良いですね。

 

免疫力を高める

甲状腺の病気を予防するためには、日頃から免疫力を高めることが重要になります。甲状腺疾患に見られる自己免疫疾患は、免疫力が低下している時に引き起こされることが多いのです。

免疫力を高めるためには運動習慣を身に付け、規則正しく生活するなど、健康的な日常を送ることが大切です。

 

抗酸化作用のある食材を食べる

体内の活性酸素に打ち克ち、酸化を防ぐためには抗酸化作用のある食材を食べるのもおすすめです。代表的な栄養素としてはビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどが有名です。特にビタミンCとビタミンEは同時に摂取するとお互いの働きを高める作用を持っているので、積極的に合わせてみましょう。

 

ビタミンCを多く含む食材

柑橘類、ブロッコリー、イチゴ、パプリカ

 

ビタミンEを多く含む食材

アーモンド、赤ピーマン、かぼちゃ

 

ポリフェノールを多く含む食材

ぶどう、ブルーベリー、すもも、イチゴ

 

 

甲状腺の病気の治療方法

甲状腺の病気のほとんどは治療の必要がなく、自覚症状もほとんど現れません。

しかし、逆にいえば、自覚症状が現れるほど腫れやしこりが大きくなると、長期的な治療を受ける必要がでてきます。では、実際甲状腺の病気に対してはどのような治療方法がとられるのでしょうか?

 

薬物療法

薬によって甲状腺ホルモンの過剰分泌や低下をコントロールします。

症状が軽ければ1か月~数カ月以内に症状が落ち着きますが、発熱や肝機能障害といった副作用が生じることもあります。副作用の有無を確認し、経過を観察するためにも定期的に通院する必要がでてきます。

 

悪性腫瘍の摘出

見つかった甲状腺腫瘍が悪性だった場合は摘出手術が必要になります。

甲状腺腫瘍のほとんどは良性のものですが、悪性の場合は早期発見早期治療が重要となりますので、心配な方は定期的に検査を受けるのがおすすめです。良性の場合は甲状腺ホルモンの分泌さえ正常ならば、特別な治療を必要としない場合も多々あります。

 

自宅で安静にしている

甲状腺疾患における体力の低下や動機息切れ等は、薬を服用しつつ自宅で安静にしているのが1番です。激しい運動は控え、できるだけ落ち着いた生活をするよう心がけましょう。

病後回復のためにも運動は控える方が無難ですが、それでは体力が落ちる一方なのでサプリメントを活用するのもおすすめです。下記のページでは体力増進サプリメントの体験談がつづられていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


この辛さはうつ病?自律神経失調症の違いと具体的な症状、対処法

風邪のような症状から動機や息切れなど、身体になんらかの不調が生じているのに、病院を受診してみても異常が見つからない。原因不明のその症状、実は「自律神経失調症」かも知れません。

 

自律神経失調症は他の病気と間違いやすく、自己診断で薬を飲んでも一向によくならないので、症状が長引いてしまうことも少なくありません。また、精神的な不調を伴うこともあるので、うつ病と間違いやすいのも特徴です。

 

いずれにしても、自己診断では正しい治療を受けることができません。

こちらでは自律神経失調症の症状や原因、改善方法をご紹介しています。

 

自律神経失調症の症状とは?うつ病との違いは?

自律神経失調症の症状は多岐に渡ります。

また、1つ1つではなく、いくつかの症状が同時に発症することもあります。そして、必ずすべての症状が見られるわけではありません。いずれも風邪などの症状と間違いやすいのですが、薬を飲んだり安静にしていても症状が一向によくならないのが特徴です。

実際に市販薬で症状が改善しないことから病院を受診する方が多いのですが、症状が長引くと日常生活にも支障をきたす場合があるので、不審に思ったらすぐに医師に相談してみましょう。

 

体に現れる症状

 

頭痛

痛む場所や頻度は様々で、その度合いも人それぞれです。

普段から頭痛を抱えている方は気づきにくいですが、その他の症状も併せて発症することが多いので、頭痛の延長線上と考えずに注意して体調を観察することが大切です。

 

眼精疲労、まぶたの痙攣

疲れ目や眼精疲労など、目がしょぼしょぼしたりまぶたが重い感じがする、涙やめやにが出やすくなるなど目の症状が現れることもあります。

また、まぶたの痙攣は自律神経の症状の中でも、代表的なものの1つです。目を特別酷使していないのにこれらの症状が出る場合は、1度自律神経失調症を疑ってみましょう。

 

のどの不調

風邪の時のようにのどに痛みを感じたり、イガイガ感や異物感を感じることがあります。

食事の時に飲み下しづらく感じたりといった症状も現れますが、風邪に似ているので見逃しやすい症状です。

 

口内の異常

口の中が異常に乾いたり、反対に唾液が過剰に分泌されることもあります。

また、食べ物の味を感じづらくなったり、いつもと違った味に感じる場合もあります。

 

心臓・血管・循環器の異常

動機やめまい、立ちくらみやのぼせ、冷え、息切れ、大量発汗など、症状は多岐に渡ります。酷い時には立っているのもままならなくなったり、呼吸困難に陥ってしまうことも。特に持病がないにも関わらずこれらの症状が現れる際は、自律神経が乱れている可能性が考えられます。自律神経が乱れていると血流が滞るため、これらも代表的な症状です。

 

消化器系

胃炎や吐き気、便秘や下痢など胃や腸の不調が現れることもあります。

食欲が減退することもあるので、体力が低下しやすくなってしまいます。

 

生殖機能の不調

EDや生理不順など、男性も女性も生殖器に不調が生じる場合があります。

 

筋肉痛・関節痛

特に運動をしたわけでもないのに、筋肉や関節に痛みが生じることがあります。

 

皮膚

大量発汗や、逆に汗をまったくかかさくなったりと、発汗機能に異常が生じることがあります。また、皮膚にかゆみを覚えることも。

 

手足の異常

手足のしびれや痛みといった症状が現れることもあります。

 

その他、全身の不調

倦怠感や微熱、震えといった全身の不調は、自律神経失調症の中でも最も現れやすい症状の1つです。眠りが浅くなったりなど、睡眠障害が生じることもあります。

 

 

心に現れる症状

 

感情的になる

急にテンションが上がったり、怒ったりと、感情がコントロールできなくなります。

感情の起伏が激しくなり、情緒が不安定になります。

 

不安になりやすくなる

特にきっかけがなくても、大きな不安感に襲われてしまい、何も手がつかなくなることもあります。

 

思考がネガティブになる

悲観的になり、落ち込むことが増えてしまいます。

また、それまで気にも留めなかったことでも、ネガティブな方向に考えてしまうことがあります。

 

やる気が出ない

何事にもやる気がでず、無気力な状態が続きます。

 

集中力が低下する

集中力が低下し、物忘れが多くなります。酷くなると仕事や学業に支障をきたしてしまうこともあります。

 

うつ病との違い

このように自律神経失調症は心身の不調を伴いますので、時にはうつ病と間違われやすいのが特徴です。

自律神経失調症もうつ病も、ともに神経の乱れが原因で体や心に様々な症状が現れます。しかし、決定的な違いは交感神経と副交感神経のバランスです。

 

私たちは交感神経の働きによって日中活動的に過ごし、副交感神経の働きによって夜は体と頭を休めます。つまり簡単に言うと、交感神経はアクティブに動くための神経、副交感神経はリラックスするための神経です。

自律神経失調症はこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことで引き起こされますが、うつ病は交換神経と副交感神経の働きが両方とも鈍くなってしまいます。

 

こうした違いは自己診断が非常に難しく、必ず専門家による診断が必要です。

「自分は自律神経失調症だ」「自分はうつ病だ」と思い込まず、心配な時は必ず病院を受診し、しっかりと診断を受けるようにしましょう。

 

 

自律神経失調症を改善するには?

自律神経失調症はストレスや生活習慣の乱れが原因で引き起こされます。

自律神経失調症を改善するには、健康的で規則正しい生活を送ることが大切です。

 

規則正しく生活する

本来私たちの体は日が高いうちは活動的に動き、日が沈む頃には家に帰って体を休めるようにできています。しかしライフスタイルの多様化によって、それらのバランスが乱れて自律神経を失調してしまう人が増えてきています。

しかし、仕事の都合、ライフスタイルを変えるのは容易ではありません。そんな時は毎日決まった時間に起きて、決まった時間に寝るだけでも十分効果があります。また、食事もできるだけ決まった時間にとり、生活のリズムを体に刻むことが大切です。

 

良質な睡眠時間を確保する

十分な睡眠時間を確保し、睡眠の質を高めましょう。

入眠をスムーズにするためには、寝る前30分~1時間には電気を消して部屋を暗くしてしまうのがおすすめです。こうすることで体が自然と入眠モードに入り、すんなりと寝つけるようになります。

 

食事のバランスを整える

栄養バランスを整えることは、心身の調子を整えることにも繋がります。

偏った食生活や過度な食事制限は控え、できるだけ多くの栄養素をバランス良く摂取するようにしましょう。とはいえ毎日栄養満点の食事を用意するのは、忙しい現代人にとってはなかなか難しいかも知れません。そんな時はサプリメントに頼るのもおすすめです。

 

下記のページでは口コミで評判のサプリメントをご紹介しています。実際に購入した方の体験談も掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


疲れやすい身体を少しでも元気にしたい。軽度の運動で基礎体力の向上をしよう

「最近疲れやすい」「疲れが取れにくくなった」と感じている方は、もしかしたら基礎体力が低下しているのかも知れません。その人に備わっている体力には元々個人差があるものですが、生活習慣や食生活によって年齢以上に体力が弱ってしまうこともあります。

 

体力を向上させ、活動的に過ごすためには運動習慣がとても大切です。

こちらでは体力に不安がある方でもはじめやすい、おすすめの運動方法をご紹介しています。

 

 

基礎体力はなぜ低下する?

体力は大きく「行動体力」と「防衛体力」に分けることができます。

行動体力とは歩いたり走ったり運動をする際に使用される体力、そして防衛体力は病気やストレスに対する抵抗力を指しています。

一般的なイメージでも、基礎体力の低下というと「スタミナが落ちている」「免疫力が低下している」といった状態が思い浮かびますよね。では、この基礎体力はなぜ低下してしまうのでしょうか?

 

1つは、加齢による身体機能の低下です。

私達人間の身体機能は20代をピークに低下の一途をたどります。肌や髪など目に見える変化の他に、骨や臓器など、身体の内側でも刻一刻と老化現象が起こっているのです。

特に筋肉量や心肺機能の低下は、体を動かす時のスタミナに大きな影響を及ぼしますが、なにも運動やスポーツだけに限った話ではありません。たとえば徹夜での作業や、忙しく働くことが若い頃よりも大変になったりと、スタミナの総量は仕事の上でも重要になってくるのです。

 

もう1つは、運動不足による身体機能の低下です。

人間の体も機械と同様、使わなければどんどん錆びついてしまいます。加齢による老化は誰にでも等しく訪れるものですが、こちらは個人の運動習慣によって異なるので、同じような年齢性別でも体力差が生じます。つまり、慢性的な運動不足は体の老化現象を加速させ、本来の年齢以上に疲れやすい体を作り上げてしまうのです。

 

それでも学生時代は体育の授業や部活等で運動時間が確保されていましたが、大人になればなるほど、各人で意識なければ運動習慣はめっきりなくなってしまいます。特にデスクワークの方は体を動かす機会が少ないので、日常の中に上手く運動習慣を取り入れることが大切です。

 

 

体力不安がある方にもおすすめの運動

ここまでご説明した通り体力をつけるためには運動がとても大切です。しかし、現在体力に不安がある方がいきなり激しいスポーツに挑戦すると、逆に体を壊してしまうことにもなりかねません。

 

体力増進のためには、筋力と、心肺機能を向上させることがカギになります。

そこでおすすめなのが「有酸素運動」。呼吸のリズムを一定に保ち、酸素を取り込みながら行う有酸素運動は、筋力と心肺機能を同時に鍛えることのできる優れた運動方法です。ランニングや水泳が有名ですが、体力不安のある方に向けて、より負荷の少ない有酸素運動をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

散歩/ウォーキング

散歩やウォーキングは最も手軽な有酸素運動です。特別な道具が必要なく、思い立ったらその日のうちにはじめることもできます。本格的なウォーキングでなくとも良いので、公園で季節の植物を愛でながら、ウインドウショッピングをしながら、楽しんで続けることが肝心です。また、息が上がる程のペースで歩く必要はないので、そういった景色を楽しむ余裕が持てる程度に留めましょう。

 

踏み台昇降

病後などで自分の体力に自信が持てない方は、基本的に室内での運動からはじめるのがおすすめです。疲れたらすぐにでも休むことができますし、万が一体調を崩しても、その場で横になることができるためです。

踏み台を上り下りする「踏み台昇降」であれば、狭い室内でも問題なく行うことができます。踏み台は専用のステッパーを用意しなくても、安定性があれば何でもかまいません。身近なところでは雑誌や新聞を束ねたものでも代用できますが、転倒を防止するために必ず滑り止めを敷くなど、怪我をしないように注意しましょう。

 

ラジオ体操

子供の頃誰もが経験するラジオ体操は、実は優れた有酸素運動の1つです。あまり運動にならないように思われるかも知れませんが、実際にやってみると全身にじんわりと汗をかいて、終わる頃には心地よい疲労感に包まれます。

パートごとに様々な部位を使用するので、全身運動にもなります。また、座ったままできるバージョンも用意されているので、不安な方はそちらからはじめてみるのもおすすめです。

 

縄跳び

縄跳びは限られた場所でも高い運動効果が得られるため、プロのスポーツ選手がトレーニングに利用することも多い運動方法です。また、脂肪燃焼効果も高いので、体力をつけつつ体を絞りたい方にもぴったり。

縄が用意できない場合は、その場で縄跳びの要領で飛び跳ねる「エア縄跳び」もおすすめです。これなら庭や公園がなくても、室内で行うことができますね。

 

フラフープ

あまり知られていませんが、フラフープも有酸素運動の1つです。フラフープを上手く回すためには姿勢を正す必要があるため、自然と体幹を鍛えることができます。

 

番外編:生活に運動を取り入れる

それまで体を動かす習慣がなかった方がいきなり運動をはじめようとしても、なかなか続かないこともあると思います。そこで、自然と運動量を増やすために、日常生活の中に運動を取り入れるのもおすすめです。

たとえば駅でエスカレーターではなく階段を使ったり、家事により多くの時間をかけるようにするなど、無理なく体を動かすようにしてみましょう。特に掃除は丁寧に行うと思っている以上に体を動かすことになるので、意識して掃除の回数や場所を増やすと良いでしょう。

 

 

体力向上のため運動を行う際の注意点

運動は無理のない範囲で

運動を習慣化するコツは、自分にとって無理のない範囲で行うことです。

困難な目標を設定する程ハードルが上がって、運動の継続が難しくなってしまいます。少し物足りないかな?と思う程度で良いので、「これなら無理なく続けられる」と思えるペースを維持しましょう。

 

水分補給と休憩を欠かさない

運動をはじめたての時はついつい無理をしてしまいがち。

実際にのどが渇き、疲れを感じる前に早めの段階で水分と休憩をとるようにしましょう。

 

体を動かしやすいような衣服を揃える

ある程度体力がついてきて、より本格的な運動をはじめる場合はそれ専用の衣類を用意するのがおすすめです。特に靴は、ウォーキング等でスムーズに足を運ばせるためには重要なアイテムです。サイズやフィット感はもちろん、長時間歩いても疲れにくいようなものを選びましょう。

 

睡眠と食事をしっかりと取る

運動習慣を身につけるためには、毎日きちんとエネルギーを補給することも大切です。

睡眠や栄養が十分でないと、せっかく体力をつけようとしても思うように身体を動かすことができなくなってしまいます。また、運動によって消費したエネルギーを回復するためにも、しっかりと睡眠をとることが重要です。

 

食事で補いきれない栄養素に関しては、サプリメントを利用するのも良いでしょう。下記ページでは実際にサプリメントを飲んで体力が回復した方の体験談が記載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。



冷え性にお悩みの方におすすめの改善方法

慢性的な冷え性にお悩みの方は、オフィスや電車内などの冷暖房で手足が冷えてつらい思いをすることも多いですよね。
また、冷えは万病の元といい、人は体温が低下すると免疫力まで低下してしまいます。そのため風邪やインフルエンザなど、ウイルス性の病気にかかりやすくなるなど健康にも良くありません。冷え性は女性に多いですが、冷えによって婦人科系の疾患を発症してしまう場合もありますので、できるだけ早いうちに改善するように心がけましょう。

〇血行を促進する
血の巡りを良くすることで、慢性的な冷え性を緩和することができます。
血行を促進するためには適度な運動をすることがとても効果的です。特におすすめなのはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。しかし運動習慣がない方がいきなり体を動かすと膝や腰を痛めてしまう危険性があるので、はじめは散歩や踏み台昇降など、自分のペースでできるところから始めていきましょう。
また、ゆっくりと湯船につかったり暖かい飲み物をのんだりと、日常生活の中で体をあたためる習慣をつけるのも良いでしょう。暑い季節はついつい冷たい飲み物が恋しくなってしまいますが飲み過ぎには注意が必要です。できるだけホットドリンクをメインにするように心がけ、内臓をあたためてあげましょう。

〇体を冷やす食材は極力避ける
冷え性を改善するためには栄養バランスに優れた食生活を送ることはもちろんですが、体を冷やす性質のある食材を避けることも重要です。
食べ物を摂取すると、体の中では消化のためにまず、その食べ物を温めはじめる作用が働きます。これには体内の熱が消費されるため、冷たい食べ物や体を冷やす働きのある食べものを摂取すると、体の熱がより多く奪われてしまうのです。
また、カリウムを多く含む食材にも体を冷やす作用があります。体が冷えやすい食べ物には以下のようなものがありますので、冷え性にお悩みの方はあまり摂りすぎないように注意しましょう。

体を冷やす食べ物
砂糖、小麦、そば、豆腐、アサリ、シジミ、梨、林檎、柿

〇漢方薬で体の中からあたたまる
漢方薬には体の不調の諸症状を改善する働きがあり、古くから冷え性の改善にも広く用いられてきました。漢方薬はドラッグストアや病院でも処方してもらえますが、今はネットで気軽に購入することもできます。その中でも特におすすめなのが萬能貴蕈(ばんのうきしん)という複数の漢方を配合したサプリメントです。実際に萬能貴蕈(ばんのうきしん)を飲み始めて冷え性が改善した方の体験談が紹介されていますので、下記ページをぜひ参考にしてみて下さい。



疲れやすい体を改善するには?

〇食生活の改善
栄養バランスに優れた食生活を送ることはもちろんですが、実は糖質には体の疲れを感じやすくする作用があります。
そのためご飯やパンなどの炭水化物や、甘い物の摂りすぎはなるべく控えるようにしましょう。また、一見健康や美容に良いイメージのあるフルーツにも、果糖がふんだんに含まれているものが多くあります。1日の摂取量を守り、ストレスにならない範囲で食事をコントロールしましょう。

〇自律神経を整える
自律神経は、日中活動的に過ごすための「交感神経」と、夜は安静にし、休息をとるための「副交感神経」の2つのバランスにより成り立っています。
本来であれば活動時間中に交感神経が作用し、そして1日の作業が終わり、夜になる頃には副交感神経が働きはじめます。しかしなんらかの原因でこの自律神経が乱れていると、夜間なのに交感神経が働き、興奮状態が続くことで上手く体を休ませることができなくなってしまいます。日中の活動に対する休息が十分でないので、中々疲れがとれず、疲れやすい体質を招いてしまいます。

自律神経を整えるためには、規則正しい生活や十分な睡眠がとても大切です。
動く時には動き、休む時には休むといったように、メリハリをつけた生活を送ることで交感神経と副交感神経の働きを促進することができます。
しかし既に自律神経のバランスが乱れてしまっている場合は、その均衡を元に戻すまでに大変な労力を要する場合もあります。規則正しく生活しようと頭では分かっていても、交感神経が働いているために十分に睡眠がとれなかったり、副交感神経が働いているために日中の活動効率が下がってしまったりするためです。

そんな時は、体の中から体質改善を行うことのできるサプリメントに頼るのもおすすめです。複数の漢方薬を配合した萬能貴蕈(ばんのうきしん)は、サプリメントの摂取に抵抗のある方でも安心して飲み続けることのできる、高品質な製品です。自律神経の乱れは疲れやすさ以外にも、「自律神経失調症」と呼ばれる様々な体の不調を招く危険性があります。
自律神経失調症は慢性的な風邪のような症状や、動機、呼吸困難など、悪化すると日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。また、自律神経失調症にはこれといった治療方法がなく、毎日の生活の中で改善をはかるしかありません。そのような事態を防ぐためにも、体の内と外から体質改善を目指しましょう!



肌がカサカサして服が着にくい、そんな時はどうする?

◆肌が乾燥する原因

〇加齢による保湿成分の低下
肌の潤いを保つための潤い成分(コラーゲン、セラミド等)や、水分を逃さないための膜のような働きをしてくれる皮脂は、年齢とともにその生成量が著しく低下してしまいます。そのため若い頃は気にならなかったのに、30代や40代になってから肌の乾燥が気になり始めたという方は、加齢による保湿成分や皮脂の生成量の低下が原因である可能性が高いです。

〇水分不足
水分の摂取が十分でないと、のどが渇くのと同様に肌の水分量も低下してしまいます。
のどの渇きやすい夏場以外にも、通年水分は小まめに摂取するようにし、体の中の水分量を高めてあげましょう。

〇生活習慣の乱れ
肌は皮膚の状態だけではなく、内臓や神経、そして精神状態とも密接な関わりがあります。乱れた食生活によって内臓が弱っていたり、不規則な生活や過度のストレスによってメンタルが崩れていると、乾燥を含めた様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

◆乾燥肌の改善方法、体の内と外からケアすることが大切!

〇外側から保湿成分を補う
乾燥肌を改善するためには、低下した保湿成分を外側から補ってあげることが大切です。多くの保湿クリームには油分が豊富に含まれていて、肌に水分を逃さないための膜を張り、失われた皮脂と同じような働きをしてくれます。
また、それに加えてコラーゲンやセラミドといった、保湿成分の生成量低下を補うことのできる商品選びが重要です。

〇エアコンの使いすぎに注意
エアコンの風を浴びすぎていると、肌の水分が損なわれ乾燥の原因になってしまいます。自宅絵はエアコンのかけすぎに気をつけることはもちろんですが、オフィスや電車内など、個人ではエアコンの調整がしにくい場所ではなるべく直接風を浴びないように注意するようにしましょう。

〇食生活の改善
前述の通り素肌の状態は、体の健康状態と密接な関係があります。そのため偏った食生活を送っていると、肌荒れや乾燥のリスクが高まってしまうのです。
ミネラルやビタミンなど、体にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することはもちろんですが、皮脂の分泌を促すために適量の脂質やタンパク質を取り入れることも大切です。
また、普段の食事ではなかなか補うことのできない成分については、サプリメントを活用するのも効果的です。とはいえ市販のサプリメントは成分が不安という方には、古くから薬としても用いられている漢方薬がおすすめです。
どの漢方薬を飲めば良いのか分からないという方にご紹介したいのが、高麗人参(こうらいにんじん)等を配合した萬能貴蕈(ばんのうきしん)です。萬能貴蕈(ばんのうきしん)は肌のカサつきに効果的な複数の漢方薬を一度に摂取することができ、漢方薬にあまり馴染みがない方にもとてもおすすめです。



集中力が続かない理由は?

集中力が散漫な状態が続くと仕事に身が入らず、人より仕事を終えるのが遅くなったり、会社での評価が下がったりと様々な弊害をもたらしてしまいます。
しかし集中力が持たないのは、意思の問題だけではなく作業環境や身体の不調が原因である場合もあります。集中できる環境づくりをすると共に、心身の状態を整えることが大切です。

〇睡眠不足
睡眠時間が十分でないと、日中のコストパフォーマンスが下がってしまいます。
特に年齢を重ねた方はその傾向が顕著で、若い頃は徹夜しても翌日普通に動けたという方でも、30代や40代になるとそれが難しくなります。
さらに寝る時間や睡眠時間がバラバラだと、体内リズムが崩れて決まった時間に仕事モードに入ることが困難になってしまいます。

〇作業環境が悪い
自分のデスクなど作業環境に気の散ってしまうものがある場合は、なるべく目につかない、すぐには取り出せない場所に隠してしまいましょう。
また、作業環境が散らかっているのも良くありませんので、整理整頓を心がけましょう。

〇優先順位を決めていない
やらなくてはならないこと・やりたいことが複数ある場合、同時に進行しようとするのはおすすめできません。
優先順位や作業に取り掛かる順番が決まっていない場合、「AをこなしながらBのチェックをして、Cの連絡をする」といったように、複数の仕事を同時にこなすことになってしまいがちですが、多くの人はそのような状態ではなかなか本来の集中力を発揮することができません。
会社においては毎日複数の仕事を抱えていることがほとんどだと思いますが、まずそれらに優先順位をつけてから、1日のスケジュールをざっくり決めて取り掛かる事が大切です。

〇他に気になることがある
趣味のことや家族のこと、その他気になることがあると集中力が散漫になってしまいます。
仕事中もどうしても気になるという事柄は誰にでもありますが、雑念が浮かびそうになったら意識のスイッチを切り替えることが大切です。
どうしても気になることや考えたいことがある場合は、あらかじめ1日の中で、それに充てる時間を確保しておくと良いでしょう。

〇心身の不調
体の調子やメンタルが不安定な状態では、思うように作業に集中することができません。逆に心身ともに健康な状態であれば、オンオフのスイッチを上手く切り替えることができますし、何事にも前向きに取り組めるようになります。
心身を健やかに保つためには、生活習慣や食生活を見直したり、適度にストレスを発散するように心がけることが重要です。またその他に、身体機能を向上させるために運動をしたり、心身の健康維持に効果的なサプリメントを摂取し、体の内と外から体質改善をはかると良いでしょう。

精神的な問題は本人の性格によるものと考えられがちですが、実は精神と肉体の状態は密接な関わりがあり、体の不調が続くとメンタルが弱り、逆にメンタルが弱っていると体の不調を招いてしまうことがあります。
漢方薬として用いられている高麗人参(こうらいにんじん)など、複数の生薬を配合した萬能貴蕈(ばんのうきしん)は、体の様々な不調を改善しつつ、メンタルのリズムを整える効果を期待できます。配合されている成分は古来よりその効果を知られていたものばかりですので、安心して飲むことができます。