自律神経失調症が辛い人へ

毎朝起き上がるのが辛い、吐き気が強く毎日の食事が苦痛、体調が悪く暖房をつけても真夏でも異常な寒気を感じる。。。
これらは自律神経失調症になった時に、現れる典型的な症状と言われています。
この状態を放置しておくと更に悪化し、普段日常的にできていた掃除、洗濯、料理をすることも辛くなってしまうことも。そうなる前に状況を改善したいですよね。

そもそもなぜ自律神経失調症が起こるのでしょうか?

原因となるものは環境の変化や加齢による女性ホルモンの変化、生活のリズムの変化など様々ですが、一番大きいのは過剰なストレスと言われています。

ストレスは人によって感じ方が違います。

例えば、お隣さんと些細な事で険悪になったとしたら、人によっては全く気にならない人もいれば隣に嫌な人が住んでいるというだけでストレスになる人もいますよね。

このように人によってストレスの感じ方は違うため、人に相談しても共感してもらえず、自分が弱いからいけないんだ、自分が悪いんだとさらに自らを追い込んでしまうことがあります。

自律神経失調症かな?と思ったら病院へ

インターネットでは様々な対策方法が紹介されていますが、本当に辛い時は病院でお医者様に相談することが大切です。すべての病気に当てはまることですが、早期発見、早期治療により症状の悪化を防ぐことができ、お医者様に診てもらうことでストレス以外の原因が判明することがあります。

では病院といってもどこに行けばいいのでしょうか?

一般的に心のストレスは心療内科と言われていますが、軽い頭痛、吐き気であれば耳鼻科や内科で見てもらいましょう。その後薬をもらいじっくり休むことで軽減することもあります。
それでもつらい症状が治らない場合、心療内科に行くことをおすすめします。

でも病院に行きたくない、そんな時は

海外ではあまり見られないのですが、実は日本人は病院に行きたがらない傾向があると言われています。その理由としてあげられるのは、

・病院に行くということは一線を超えてしまう気がする。自分が病気であると認めたくない。
・まだ我慢できる。これくらいならなんとかなる。
・病院に行くと家族に余計な心配を掛けてしまう。
・それくらいで病院に行くな、と言われたくない。

といった心理的な抵抗があるからです。
特に自律神経失調症は目立った症状が表に現れにくいため、ついつい我慢してしまう人が多いと言われています。
できれば病院に行かないで済む方法はないだろうか。。。そう思っているならサプリメントに頼ってしまうのも対策として考えられます。

萬能貴蕈で本来の健康的なバランスを取り戻しましょう

自律神経失調症で辛い、そんなあなたの健康バランスを取り戻すためには下記3成分が有効であると考えられています。

・β-グルカン(ベータグルカン)
・サポニン
・ジンセノイド

萬能貴蕈はそれら成分を含む鹿角霊芝、高麗人参、紅参がぎゅっと濃縮されており、あなたの身体のバランスをベストな状態に持っていき、アナタの健康をサポートしてくれます。
病院に行くのにちょっと抵抗あるな・・・と思ったらまずはサプリメントに頼ってみませんか?

↓↓↓公式販売サイトはこちら↓↓↓