なかなかやる気が出ない時におすすめのモチベーションアップ方法!

仕事や家事、資格所得のための勉強など、やらなければいけないことは分かっているのに、なかなかやる気が出ないことにお困りの方はいらっしゃいませんか?
作業をついつい先延ばしにしてしまう癖があると、作業にかけることのできる時間が減ってしまったり、最終的に期限に間に合わなかったりと、自分の信用を落とすことにもなりかねません。そこでこちらでは、やる気がでない時にご自宅やオフィスでも簡単にできるモチベーションアップ方法をご紹介していきたいと思います。

〇実行可能なところまで作業のハードルを下げる
面倒な作業になかなか取りかかることができない場合、その作業に対する心理的ハードルが高くなってしまっている可能性があります。たとえば量の多い作業や、自分にとって苦手な作業など、やる前から大変なことが分かりきっている作業は誰しも億劫になってしまうものです。
そこでおすすめなのが、作業を自分でも実行可能なところまで簡単にしてしまうことです。たとえば「合計3時間程度必要な作業であれば、とりあえず5分だけ手を付ける」「自分にとって苦手な作業であれば、とりあえず達成までのスケジュールを立てる」など、とにかく“とりあえず”少しだけ手を付けることがとても大切です。

〇達成した後のご褒美を用意する
仕事を終えた後のご褒美を設定することで、作業に前向きに取り組むことができますしストレス解消にも繋がります。ポイントは、できるだけ細かくご褒美を用意することです。仮に資格試験の合格を目指す場合、「半年後の試験に合格したら旅行に行く」など、最終的なゴールの前に小まめにご褒美を設定しておきます。たとえば「今日この範囲を終わらせたら好きなドラマを見る」「この作業が終わったら食事を摂る」など、モチベーションを維持するためには、すぐそこに見えるご褒美を用意することが重要です。

〇体と心に不調がないか確認する
やりたい気持ちはあるのに、どうしてもやる気が起きず実行に移せないという場合は、心身の不調が原因であるケースもあります。特に精神的な不調が続くと、何事にも意欲的に取り組めず、モチベーションが上がらないといった症状があらわれます。
やる気が出ない自分を責めず、時には体と心を十分に休めることも必要です。また、心身の健康維持のためには生活習慣や食生活を整え、ストレス発散方法を見つけることも大切です。一度医師に健康状態をチェックしてもらうことも有効ですが、病院にかかる程ではないという方には、心身のバランスを整えるのに効果的な漢方薬をご紹介しますので、下記の体験談を参考にぜひ検討してみて下さい。