集中力が続かない理由は?

集中力が散漫な状態が続くと仕事に身が入らず、人より仕事を終えるのが遅くなったり、会社での評価が下がったりと様々な弊害をもたらしてしまいます。
しかし集中力が持たないのは、意思の問題だけではなく作業環境や身体の不調が原因である場合もあります。集中できる環境づくりをすると共に、心身の状態を整えることが大切です。

〇睡眠不足
睡眠時間が十分でないと、日中のコストパフォーマンスが下がってしまいます。
特に年齢を重ねた方はその傾向が顕著で、若い頃は徹夜しても翌日普通に動けたという方でも、30代や40代になるとそれが難しくなります。
さらに寝る時間や睡眠時間がバラバラだと、体内リズムが崩れて決まった時間に仕事モードに入ることが困難になってしまいます。

〇作業環境が悪い
自分のデスクなど作業環境に気の散ってしまうものがある場合は、なるべく目につかない、すぐには取り出せない場所に隠してしまいましょう。
また、作業環境が散らかっているのも良くありませんので、整理整頓を心がけましょう。

〇優先順位を決めていない
やらなくてはならないこと・やりたいことが複数ある場合、同時に進行しようとするのはおすすめできません。
優先順位や作業に取り掛かる順番が決まっていない場合、「AをこなしながらBのチェックをして、Cの連絡をする」といったように、複数の仕事を同時にこなすことになってしまいがちですが、多くの人はそのような状態ではなかなか本来の集中力を発揮することができません。
会社においては毎日複数の仕事を抱えていることがほとんどだと思いますが、まずそれらに優先順位をつけてから、1日のスケジュールをざっくり決めて取り掛かる事が大切です。

〇他に気になることがある
趣味のことや家族のこと、その他気になることがあると集中力が散漫になってしまいます。
仕事中もどうしても気になるという事柄は誰にでもありますが、雑念が浮かびそうになったら意識のスイッチを切り替えることが大切です。
どうしても気になることや考えたいことがある場合は、あらかじめ1日の中で、それに充てる時間を確保しておくと良いでしょう。

〇心身の不調
体の調子やメンタルが不安定な状態では、思うように作業に集中することができません。逆に心身ともに健康な状態であれば、オンオフのスイッチを上手く切り替えることができますし、何事にも前向きに取り組めるようになります。
心身を健やかに保つためには、生活習慣や食生活を見直したり、適度にストレスを発散するように心がけることが重要です。またその他に、身体機能を向上させるために運動をしたり、心身の健康維持に効果的なサプリメントを摂取し、体の内と外から体質改善をはかると良いでしょう。

精神的な問題は本人の性格によるものと考えられがちですが、実は精神と肉体の状態は密接な関わりがあり、体の不調が続くとメンタルが弱り、逆にメンタルが弱っていると体の不調を招いてしまうことがあります。
漢方薬として用いられている高麗人参(こうらいにんじん)など、複数の生薬を配合した萬能貴蕈(ばんのうきしん)は、体の様々な不調を改善しつつ、メンタルのリズムを整える効果を期待できます。配合されている成分は古来よりその効果を知られていたものばかりですので、安心して飲むことができます。