疲れやすい体を改善するには?

〇食生活の改善
栄養バランスに優れた食生活を送ることはもちろんですが、実は糖質には体の疲れを感じやすくする作用があります。
そのためご飯やパンなどの炭水化物や、甘い物の摂りすぎはなるべく控えるようにしましょう。また、一見健康や美容に良いイメージのあるフルーツにも、果糖がふんだんに含まれているものが多くあります。1日の摂取量を守り、ストレスにならない範囲で食事をコントロールしましょう。

〇自律神経を整える
自律神経は、日中活動的に過ごすための「交感神経」と、夜は安静にし、休息をとるための「副交感神経」の2つのバランスにより成り立っています。
本来であれば活動時間中に交感神経が作用し、そして1日の作業が終わり、夜になる頃には副交感神経が働きはじめます。しかしなんらかの原因でこの自律神経が乱れていると、夜間なのに交感神経が働き、興奮状態が続くことで上手く体を休ませることができなくなってしまいます。日中の活動に対する休息が十分でないので、中々疲れがとれず、疲れやすい体質を招いてしまいます。

自律神経を整えるためには、規則正しい生活や十分な睡眠がとても大切です。
動く時には動き、休む時には休むといったように、メリハリをつけた生活を送ることで交感神経と副交感神経の働きを促進することができます。
しかし既に自律神経のバランスが乱れてしまっている場合は、その均衡を元に戻すまでに大変な労力を要する場合もあります。規則正しく生活しようと頭では分かっていても、交感神経が働いているために十分に睡眠がとれなかったり、副交感神経が働いているために日中の活動効率が下がってしまったりするためです。

そんな時は、体の中から体質改善を行うことのできるサプリメントに頼るのもおすすめです。複数の漢方薬を配合した萬能貴蕈(ばんのうきしん)は、サプリメントの摂取に抵抗のある方でも安心して飲み続けることのできる、高品質な製品です。自律神経の乱れは疲れやすさ以外にも、「自律神経失調症」と呼ばれる様々な体の不調を招く危険性があります。
自律神経失調症は慢性的な風邪のような症状や、動機、呼吸困難など、悪化すると日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。また、自律神経失調症にはこれといった治療方法がなく、毎日の生活の中で改善をはかるしかありません。そのような事態を防ぐためにも、体の内と外から体質改善を目指しましょう!