冷え性にお悩みの方におすすめの改善方法

慢性的な冷え性にお悩みの方は、オフィスや電車内などの冷暖房で手足が冷えてつらい思いをすることも多いですよね。
また、冷えは万病の元といい、人は体温が低下すると免疫力まで低下してしまいます。そのため風邪やインフルエンザなど、ウイルス性の病気にかかりやすくなるなど健康にも良くありません。冷え性は女性に多いですが、冷えによって婦人科系の疾患を発症してしまう場合もありますので、できるだけ早いうちに改善するように心がけましょう。

〇血行を促進する
血の巡りを良くすることで、慢性的な冷え性を緩和することができます。
血行を促進するためには適度な運動をすることがとても効果的です。特におすすめなのはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。しかし運動習慣がない方がいきなり体を動かすと膝や腰を痛めてしまう危険性があるので、はじめは散歩や踏み台昇降など、自分のペースでできるところから始めていきましょう。
また、ゆっくりと湯船につかったり暖かい飲み物をのんだりと、日常生活の中で体をあたためる習慣をつけるのも良いでしょう。暑い季節はついつい冷たい飲み物が恋しくなってしまいますが飲み過ぎには注意が必要です。できるだけホットドリンクをメインにするように心がけ、内臓をあたためてあげましょう。

〇体を冷やす食材は極力避ける
冷え性を改善するためには栄養バランスに優れた食生活を送ることはもちろんですが、体を冷やす性質のある食材を避けることも重要です。
食べ物を摂取すると、体の中では消化のためにまず、その食べ物を温めはじめる作用が働きます。これには体内の熱が消費されるため、冷たい食べ物や体を冷やす働きのある食べものを摂取すると、体の熱がより多く奪われてしまうのです。
また、カリウムを多く含む食材にも体を冷やす作用があります。体が冷えやすい食べ物には以下のようなものがありますので、冷え性にお悩みの方はあまり摂りすぎないように注意しましょう。

体を冷やす食べ物
砂糖、小麦、そば、豆腐、アサリ、シジミ、梨、林檎、柿

〇漢方薬で体の中からあたたまる
漢方薬には体の不調の諸症状を改善する働きがあり、古くから冷え性の改善にも広く用いられてきました。漢方薬はドラッグストアや病院でも処方してもらえますが、今はネットで気軽に購入することもできます。その中でも特におすすめなのが萬能貴蕈(ばんのうきしん)という複数の漢方を配合したサプリメントです。実際に萬能貴蕈(ばんのうきしん)を飲み始めて冷え性が改善した方の体験談が紹介されていますので、下記ページをぜひ参考にしてみて下さい。